IPOベンチャーとは

IPOベンチャーという言葉は、私たちの造語です。

一般的に言われるベンチャー企業や、IPOした企業(いわゆる上場企業)と、IPOベンチャーは何が異なるのでしょうか。

私たちは、IPOベンチャーを「未上場・上場企業を問わず、IPOを通過点として成長を続ける企業」と定義しています。

ベンチャー企業は、政府や大企業では不可能な、ベンチャーでしかできない価値創造をして成長しています。

新興市場(東証マザーズ等)では厳格なIPO審査が実施され、その審査に合格するとIPO=上場となります。

しかし、厳しい現実として、IPOした全て企業がその後も成長を続けるわけではありません。

IPOの前後は、監査法人、証券会社、取引所、一般投資家、機関投資家、そしてこれまでには声もかからなかった上場企業同士のアライアンスなど、企業として接点を持つ集団が明らかに異なってきます。

上場しているか、上場していないかの違いで、良くも悪くもベンチャー企業を取り巻くビジネス環境ががらりと変化するのです。

そしてこのビジネス環境の違いは、全ての企業にとって最も重要な経営資源である人材の採用および登用の観点からも同じことが言えます。

私たちは、一つの疑問を持っています。

将来的にIPOを通過して成長し続ける未上場ベンチャー企業と、IPOを達成してもベンチャーのままでいる上場企業は、一貫として連続的に成長しており、上場しているか否かではなく、一体化して見るべきではないでしょうか。

IPOベンチャー転職では、未上場または上場企業を問わず、「IPOを通過点として成長を続ける企業」に特化した、転職人材のための専門的かつプロフェッショナルな転職支援サービスをご提供します。 

PAGE TOP