転職希望者必見!事前準備のチェックリストをポイントを含めて徹底解説

転職活動をと思ったら、事前準備が大切です。そもそも転職活動に慣れている人はなかなかいません。多くの人が初めての経験だからこそ、何をすればよいのか分からず、悩んでいることでしょう。

そこで転職活動ではどのような準備が必要なのか、流れや進め方などを解説します。これから転職活動をと考えている人はもちろんですが、既に転職活動を行っているものの立ち往生している人も一度自分の転職活動を見直すために是非ご覧ください。

転職希望者必見!事前準備のチェックリスト

転職の事前準備はいくつかのチェックリストがありますので、流れにそって解説していきましょう。

ステップ①スケジューリングを行う

まずはスケジューリングを把握しておきましょう。

転職活動の流れとしては、事前準備から書類作成・応募、そして面接の後、内定をもって退職・入社となります。事前準備をスタートとすると、およそ12週間程度かかるとされていますが、転職活動次第ではさらに長期化する可能性もあれば、逆にスムーズに進めば短期間で終わる可能性もあります。

いずれにせよ、このスケジューリングが転職活動の肝となりますので、大まかな流れとして覚えておきましょう。

ステップ②徹底的に自己分析する

転職活動を始めるにあたって、徹底的に自己分析を行いましょう。そもそもなぜ転職をしたいのかや、転職先に何を求めるのか。自分の性格や価値観、仕事への情熱等、自己分析を行うことで、ある程度目指すべき業界や方向性が見えてきます。

転職活動は自由なものではありますが、ある程度方向性を見定めることが重要です。その方向性を決めるのは、自分自身のその時の気持ちではなく、自分の価値観やキャリアプランです。それらは自己分析によって浮かび上がってきますので、自己分析は徹底的に行いましょう。

ステップ③業界研究をする

自己分析を行い、自分が進みたい業界が見えたら業界研究を行いましょう。

いきなり一つの業界に絞れないケースもあるかと思いますので、その場合は興味のある業界すべてで業界研究を行いましょう。

業界研究を行うことで、進んでも良い業界なのか、自分自身の価値観やキャリアプランにマッチしている業界なのかが分かります。また、成長傾向にあるのか、あるいは縮小・衰退傾向にあるのかを理解するだけでも、転職・進路の判断材料になることでしょう。

ステップ④応募書類を用意する

進むべき道がある程度見えたら、履歴書や職務経歴書等、応募書類を用意しましょう。

履歴書や職務経歴書から自己への評価が始まります。転職活動はこれまでのキャリアが重視されるものですが、履歴書や職務経歴書こそ、それまでのキャリアを文章化したものだと考えることができます。

もちろん虚偽記載は問題外ですが、それまでの自分のキャリアを如何に上手くアピールできるのかが問われます。面接のようにリアルタイムで迫られるものではありませんので、納得できるまで時間をかけて丁寧に作成しましょう。

ステップ⑤面接対策を行う

書類選考に通過すると、転職活動の大きな山場である面接に進みます。

面接は履歴書や職務経歴書の作成のように、自分のペースで行えるものではありません。入社希望の会社の人事との面談となります。様々な質問を投げかけられるだけではなく、細かい仕草・反応まで見られ、雇うべきかを総合的に判断されます。

業界毎に出される質問は似ていますが、会社によって面接の際のチェックポイントが異なりますので、事前に情報を収集し、対策を立てると良いでしょう。

ステップ①:転職準備【自己分析編】

転職の準備の一歩目は自己分析ですが、下記の2点が自己分析の重要なポイントになります。

経験をもとに強みとなるポイントを洗い出す

転職市場では基本的にそれまでのキャリアから、「では何ができるのか」を判断されますので、これまでのキャリアを振り返り、自分自身の強みとなるポイントを洗い出してみましょう。

自分自身の強みをアピールする機会はそうそうありませんので、何が強みになるのか分からないことでしょう。例えばそれまでのお仕事を長く継続しただけでも十分なアピールポイントになりますし、成果物、数値実績、資格等も強みになります。

他にも自分自身が力を入れた点、満足感を得た点などから、自分自身の強みを洗い出し、まとめてみましょう。

それまで自分自身でも意識していなかった自分自身の強みが見えてくることでしょう。

転職目的を言語化する

なぜ転職するのかを説明できるよう、言語化しておきましょう。

転職理由は様々なはずですが、「何となく」「ふと思った」といった抽象的且つ説得力のない言葉ではなく、理由を聞いた相手が納得できるよう、言語化しておきましょう。

例えばお金だとしても、「もっとお金が欲しい」ではなく、「自分自身の仕事はもっと対価を得られると考えている」と説明した方が、相手面接官の印象は異なるものです。

履歴書や職務経歴書、面接にせよ、基本的に自分自身を評価してもらうためのものです。理由そのものよりも、理由をどのように説明してもらえるのかを見ていますので、相手に分かりやすいよう、上手く言語化し、スムーズに伝えられるようにしておきましょう。

ステップ②:転職準備【業界研究編】

自己分析の次は業界研究です。業界研究の方法としては、主に下記の2点が挙げられます。

希望業界の市場分析をする

転職を希望する業界の市場文責を行いましょう。市場分析の方法としては、帝国データバンクや四季報にて業界のリーディング企業をいくつかリストアップし、投資家向けIRで財務強やビジネスモデルをチェックしてみましょう。

売り上げや利益に関しては単年ではなく、推移を見ることで成長しているのか、あるいは衰退しているのかが分かります。特に業界をけん引する企業の動向は、業界全体に大きな影響を与えています。

業界のトップ企業が徐々に売り上げを落としているのであれば、業界全体が衰退・縮小傾向にあると考えてよいですし、年々売り上げが増えているのであれば成長産業だと分かります。このように、企業単体を通して市場全体を見渡してみましょう。

実際に業界人の話を聞く

実際に業界で働いている人に話を聞き、業界の実像を理解しておくのも良いでしょう。業界で働いている友人・知人がいれば頼るのも良いですし、伝手がないのであれば口コミサイト等をチェックしてみるのも良いでしょう。

業界内部の人間が何を思っているのかは、業界の動向を占う意味でも重要です。仕事に充足感はあるのか、やりがいのある点や嫌な部分など、様々な点を聞くことで業界の実像が浮かび上がります。

主観ではあっても、実際に業界の中に身を置いている人の意見は貴重です。なかなか伝手が見つからないかもしれませんが、その場合は転職エージェントを頼るなどして、業界の中にいる人間の生の声に耳を傾けてみましょう。

ステップ③:転職準備【応募書類編】

ある程度自分の進む道が見えてきたら、次は応募書類を用意し、いつでも応募できる体制を整えておきましょう。

募集ポストに沿ったアピールポイントを記載

まずは履歴書ですが、嘘を欠かないのはもちろんですが、募集ポストに沿ったアピールポイントを記載するよう心がけましょう。

志望動機に関しては基本的に自由です。そのため、どうしても自己アピールをしてしまいがちです。もちろん自己アピールは大切なのですが、自由気ままな、自分のアピールしたい部分をアピールしたいのではなく、募集ポストに沿った、志望動機を見た人が「面接で会ってみたい」と思うようなアピールを心掛けましょう。

例えば募集ポストで「長期キャリア形成」とあれば、企業側は長く働いてもらいたいと考えていますので、忍耐力・継続力に関してのアピールを行うべきですし、具体的なスキルが記載されているのであれば、そのスキルに関連した自己アピールを行いましょう。

過去の成果を定量的に記載

職務経歴書にはそれまでの経験・実績を記載しますが、ここでポイントとなるのが定量的な記載を心掛ける点です。

「頑張りました」「必死でやりました」といった言葉は、事実ではあっても抽象的なので、聞かされた側としても具体的な成果が分かりません。

それよりも、「売り上げを30%アップさせました」「労働環境の見直しによって20%のコストダウンを実現しました」など、数値を含めたアピールを心掛けましょう。

数字には主観がありません。誰が見ても同じ解釈をしますので、自身の実績は数値を用いた定量的な記載を心掛けましょう。職務経歴書を見た相手も、数値を見た方が誤解が生まれませんし、客観的な数値実績を理解できます。

ステップ④転職準備【面接対策編】

書類が通過した後に待っているのが面接です。転職活動に於いて最も重要といっても過言ではないだけに、しっかりと対策を練っておきましょう。

よくある質問事例への回答を整理する

面接の際、聞かれることはある程度似ていますので、質問事例をチェックしておきましょう。面接で緊張するのは仕方ないのですが、自分をよく見せたい気持ち、失敗したくないという気持ちも混ざり、上手く返答できないケースが多いです。

しかし、質問事例をまとめることで、聞かれたことに対して何を応えるのか備えることができます。

ただし丸暗記するのではなく、あくまでも質問のニュアンスに対しての答えを用意しておきましょう。丸暗記していると、全く同じ質問以外に対応できなくなります。また、面接では多々質問されますが、すぐに返事できた場合、「答えを用意してきた」と勘付かれるでしょう。

あくまでもニュアンスを覚え、どのような質問が来ても良いように備えておきましょう。

エージェントを利用して企業別の傾向を知る

面接時に何を聞かれるのかは業界や企業によって異なる部分で、この点を自力で調べるのは難しいのが実情です。

そこでエージェントを頼ると良いでしょう。エージェントであれば転職サポートの実績が豊富です。優秀なエージェントであれば企業毎に面接で聞かれる質問をリスト化していることでしょう。そのため、どのようなことを聞かれるのかを想定しやすいので答えも用意しやすいです。面接は一発勝負で失敗が許されません。だからこそ、緊張してしまうものですが、ある程度質問が分かっていれば、緊張も緩和されるでしょう。

転職エージェントは多々ありますが、この点を重視し、面接のノウハウをどれだけ持っているのかで選んでみるのもよいでしょう。

効率的な転職準備をするならエージェントを活用すべき

転職準備を効率よく行うのであれば自分自身だけで進めるよりも、転職エージェントを活用した方が良いでしょう。

とはいえ、転職エージェントも多々あります。どの転職エージェントを活用するのかも選択肢になりますが、転職準備から細かいサポートに定評があるのがIPOベンチャー転職です。

企業別の内情を元にした転職準備が可能

IPOベンチャー転職といえば優良・成長ベンチャー企業のみを紹介する転職エージェントとして豊富な実績を持つことで知られています。

豊富な実績がありますので、企業の内情も理解しており、面接の対策を含め、転職準備からきめ細かいサポートを行っています。

IPOベンチャー転職の特徴として、専任のキャリアコンサルタントが在籍している点です。転職希望者のキャリアプランから理想、強みなどを徹底的にヒアリングし、マッチした企業の提案を行っていますが、それこそが今回紹介した転職準備に相通ずるものがあります。

自己分析、履歴書や職務経歴書、さらには面接のサポートなど、今回紹介した転職準備事項をすべてサポートしてくれますので、今回紹介した転職準備を見て、一人では難しいと感じた人こそ、IPOベンチャー転職を頼ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職準備について、様々な点からお伝えしました。これらは一人だけで行うとなれば、分からないことも多々あることでしょう。しかしエージェントに頼ることで、分からない点をレクチャーしてくれるだけではなく、自分自身の理想の転職先まで導いてくれることでしょう。

特に優秀な転職エージェントであれば、業界だけではなく、企業単位で細かいデータを持っています。履歴書や職務経歴書で重視される点、面接で聞かれる点など自力での調査では分からないことも、豊富なノウハウとして蓄積されています。

もちろん他にも様々な点からサポートしてくれますので、転職準備をと思ったら、まずは転職エージェント探しから始めてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP