複数の転職エージェントを活用するメリットは?効果的な転職エージェントの活用方法を解説。

転職活動の際、転職エージェントは心強いパートナーとなってくれるのですが、転職エージェントは一つだけではありません。どの転職エージェントを利用すべきか絞り切れず、複数の転職エージェントを利用できないかと考えている人もいるのではないでしょうか。複数の転職エージェントの利用は決して禁止されているものではありませんし、メリットもありますが、デメリットや注意点もあります。

そこで、複数の転職エージェントを有効利用するためのポイントをまとめてみましたのでご覧ください。

複数の転職エージェントを活用するメリット

複数の転職エージェントを利用するメリットtごして、主に下記の4点が挙げられます。それぞれ見てみるとしましょう。

様々な求人を見ることができる

転職エージェントによって取り扱っている求人は異なります。特定業種に強い転職エージェントもあれば、ジャンルを問わずに幅広く求人を取り扱っている転職エージェント、非公開求人を取り扱っている転職エージェントなど様々です。

つまり、複数の転職エージェントを利用することで、より多くの求人をチェックできます。転職は自分自身のスキル、アクティビティも重要ではありますが、どのような求人が用意されているのかも大切です。

単純に複数の転職エージェントを利用することで多くの求人情報の閲覧が可能になることで自分の理想の転職先を見つけやすくなります。

このように、情報網が広がる点は複数の転職エージェントを利用するうえでのメリットです。

自分に相性のよいエージェントを見つけられる

転職エージェントもそれぞれ方針が異なります。

転職希望者に親身になる転職エージェントもあれば、少々厳しい態度で接し、奮起・発奮を促す転職エージェントもあります。また、ここまで大きな違いではないにせよ、在籍するコンサルタントやアドバイザーも異なります。

転職エージェントを選ぶ際、求人件数や得意ジャンルはもちろんですが、アドバイザーやコンサルタントとの相性も大切な部分です。自分にマッチしているアドバイザーやコンサルタントとの転職活動と、合わない相手との転職活動は全く違うものになるでしょう。

その点複数の転職エージェントを利用することで、自分自身にマッチする相性の良いエージェントを見つけられるので転職活動をよりスムーズに行えることでしょう。

各エージェントの強みを有効利用できる

転職エージェントはそれぞれ強みが異なります。つまり、複数の転職エージェントを利用することで、それぞれの強みを上手く有効活用できます。

例えば広告業界に強い転職エージェントとコンサルタント業界に強い転職エージェントを掛け持ちした場合、広告業界とコンサルタント業界それぞれに於いて、より深い転職支援サービスを受けることができます。

一つの転職エージェントであれば選択したどちらか一方の業界に進むしかありませんが、それぞれを強みにした転職エージェントを掛け持ちすることで、異なる業界の動向を深くチェックできます。転職活動は情報収集も大切になりますので、強みの異なる転職エージェントに登録することで、より深く、多角的な情報収集が可能になる点もまた、メリットと考えてよいでしょう。

視点の違った意見を聞ける

転職エージェントによってそれぞれ方針は異なります。

そのため、アドバイスもまた、転職エージェントによって異なることでしょう。転職エージェントはそれぞれ指針が異なります。転職希望者・登録者へのアドバイスもまた、それぞれの指針に沿ったものになりますので、異なる転職エージェントを掛け持ちすることで、それぞれ違った指針の元でのアドバイスをもらうことができます。

決してどちらか一方が嘘を言っているということではなく、それぞれの観点からの意見はどちらも参考になるものですし、一つの転職エージェントを利用しているだけではKぃ付けないことに気付かせてくれたりなど、転職活動に役立てることができることでしょう。

複数の転職エージェントを活用するデメリット

複数の転職エージェントを利用するメリットもあれば、デメリットもあります。メリットの陰にどのようなデメリットがあるのかもまた、覚えておきましょう。

情報の取捨選択が難しくなる

複数の転職エージェントを利用することで、様々な情報を得られる点はメリットだとお伝えしましたが、それらを取捨選択しなければなりません。魅力的だなと思う求人を複数見つけたとしても、自分自身の体は一つしかありませんので、全ての求人に申し込みできる訳ではありません。

また、転職エージェントとしても有益な情報をもたらしてくれますので、かえって悩まされることも考えられます。申し込む求人に迷い、どちらにすべきかなかなか決断できない時もあるのではないでしょうか。

このように、多くの情報を得られるがために、捨てなければならない情報もあるなど、難しい取捨選択を迫られる点は複数の転職エージェントを掛け持ちした際のデメリットです。

スケジュールの管理が困難

転職エージェントを利用すると、時には転職エージェントの元まで足を運ぶこともあれば、電話等で打ち合わせをしなければなりません。基本的にはメールやチャットアプリでのやり取りとなりますが、複数の転職エージェントを利用した場合、利用している数の転職エージェントとコンタクトを取らなければなりませんので、時間・手間がかかります。面接の段階に入ればスケジューリングも困難になってくるでしょう。

例えば面接の練習をと提案された時、一つの転職エージェントを利用しているだけであればスケジューリングはさほど難しくはないでしょう。しかし複数の転職エージェントを掛け持ちしている場合、もう片方の転職エージェントとの時間に支障がないのかを確認しなければなりません。

このような手間は複数の転職エージェントを掛け持ちするうえでのデメリットです。

複数の転職エージェントを利用する際の注意点

複数の転職エージェントの利用にはメリット・デメリットそれぞれがありますが、掛け持ちする際、いくつか注意点がありますので覚えておきましょう。

同一求人には応募しない

求人を依頼している企業としても、多くの転職エージェントを利用し、良い人材を確保したいと考えていますので、異なる転職エージェントではあっても、同じ求人がある場合が珍しくありません。この場合、異なる転職エージェント同士から同一の求人に応募するのは控えましょう。

面接する企業は同じなので、どちらか一方の転職エージェントの段取りを無駄にしてしまいますし、場合によっては転職エージェント側から注意を受け、利用停止となる可能性もあります。

異なる求人への応募は問題ありませんが、同一求人を見かけ、その求人が自分自身にとって魅力的な求人だとしても、同一求人への応募は控えましょう。

目的を持って複数利用する

なんとなく複数の転職エージェントを利用するのではなく、目的をもって利用しましょう。

情報網を広げたい、進むべき業界を絞り切れていないので、それぞれ強みの異なる転職エージェントを利用するなど、明確な目的があれば良いのですが、「面白そう」「無料だから何となく」といった、適当な理由で利用するのは控えましょう。

転職エージェントはすべての登録者に対して真剣にサポートを行っていますので、適当な気持ちで利用し、転職エージェントのリソースを割くのは失礼です。

興味本位ではなく、複数の転職エージェントを利用しなければならない理由があるときに掛け持ちで利用しましょう。

複数利用していることを伝える

複数の転職エージェントを利用していることを、転職エージェントに伝えましょう。黙っていると、転職エージェントとしても自社だけを利用しているとの思いでサポートしますが、伝えることで、複数の転職エージェントを利用している希望者として接してくれます。

例えば比較のポイントをレクチャーしてくれたり、スケジューリングに配慮してくれることでしょう。また、隠していると自分自身も相手をだましているかのような、やましい気持ちでの転職活動となってしまいますので、正々堂々と転職活動を行うためにも、掛け持ちしている事実は伝えておきましょう。

複数エージェントを効果的に利用するステップ

複数の転職エージェントを利用する際、より効果的に利用するためのステップについて具体的な流れを解説していきましょう。

<ステップ1>目的別に3社ほど話を聞く

まずは目的別に3社ほど転職エージェントをリストアップしてそれぞれ話を聞いてみましょう。実際に話を聞くことで、自分にマッチしている転職エージェントなのかが見えてくることでしょう。

転職エージェントとは二人三脚で転職活動を進めることになりますので、相手エージェントとの人としての相性も大切です。そのためにも、公式ホームページの文言だけで判断するのではなく、実際に話を聞いてみましょう。話し方、こちらの話をどれだけ聞いてくれるのかなど、公式ホームページを見るだけでは分からないことが見えてきます。

<ステップ2>求める求人の量・相性を見極める

転職エージェントによって求人の量が異なりますが、決して多ければよいということもありません。量以上に、自分が少しでも興味をそそられる求人があるのかを考えましょう。

例え数多くの求人が用意されていても、興味をそそられない求人ばかりの転職エージェントとは、相性が良いとは言えません。逆に件数そのものは決して多くはないものの、どの求人も自分自身が興味をそそられるものであれば、求人の相性が良い転職エージェントだと考えてよいでしょう。

求人の量・相性を元に、どの転職エージェントが良いのかをさらに絞りましょう。

<ステップ3>最終的に1社に絞り込む

最終的には1社に絞りこむのですが、その理由は自分自身の直感でも良いでしょう。転職活動は転職エージェントのためではなく、自分自身のために行うものです。自分自身のキャリアプランなど、将来がかかっていることなだけに、自分自身の将来を預けても良いと思える転職エージェントを選びましょう。

この点に関しては理屈ではなく、フィーリングでも良いでしょう。様々な判断材料から、自分自身が信頼し、転職活動をサポートしてもらいたいと思える転職エージェントを選び、その1社と二人三脚で転職活動を進めていきましょう。

優良企業への転職はIPOベンチャー転職

転職活動は転職エージェント選びにかかっているといっても過言ではありませんが、優良ベンチャー企業への転職を視野に入れているのであればIPOベンチャー転職がおすすめです。

IPOベンチャー転職なら成長ベンチャー企業のみをご紹介

IPOベンチャー転職には多々強みがありますが、優良ベンチャー企業のみを紹介する転職エージェントになります。専任のキャリアコンサルタントが転職希望者の理想、今後のキャリアプランを徹底的にヒアリングし、理想にマッチした優良ベンチャーを紹介します。

今後の成長に期待できるとあって、やりがいのあるベンチャー企業ばかりです。登録やキャリアコンサルタントへの相談は無料で行っていますすので、まずは話を聞いてもらうためだけでも、登録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職エージェントは多々あります。

その中から一つに絞るのは難しいのですが、掛け持ちという選択肢もあります。もちろん掛け持ちするにあたって注意点はありますが、掛け持ちするからこそ得られるメリットも多々あります。

一つの転職エージェントに絞り切れない人や、自分自身の目的を踏まえると複数の転職エージェントに登録した方が良いと感じている人は、今回紹介した注意点を踏まえた上で、複数の転職エージェントを利用し、自分自身の理想の転職先を見つけてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP