久納 克宣

ベンチャーキャピタル、上場企業の取締役CFOを経て、東証マザーズにて取締役管理部長としてIPOを達成。

プロフィール

独立系ベンチャーキャピタルのグローバル・ブレイン株式会社でハンズオン投資の業務に従事。自らの投資担当先であった東証JASDAQ上場企業の㈱アイフリーク モバイルにおいて、取締役CFOに就任。その後は㈱みらいワークスの取締役管理部長に就任し、東証マザーズにて上場を達成。現在は㈱かなよを設立し、IPOベンチャーの人材支援を行う。旧姓は芦田。

 

メッセージ

’Business as Unusual’

The Body Shopの創業者であるアニータ・ロディックは、IPOした時に「とんでもないことをしてしまった」と思い、とても後悔したと自伝「Business as Unusual」で語っています。

イギリスの金融街シティより、いわゆる「普通の」社外役員がThe Body Shopに送り込まれ、「普通の」会社になろうとしていました。

IPOは、実は会社にとって諸刃の剣となり得るのです。

しかし、起業家精神を失わなかったアニータは「そんなことはさせなかった」と、IPOベンチャーの経営者として、社内外で奮闘します。

 

IPOベンチャーは選ばれた優秀な人材だけで構成されているわけではありません。

しかしそこに集まる人材は、アニータのようにIPO後も挑戦する姿勢を決して失いません。

これまで私はIPOベンチャーの世界にいて、少数の特別でない人達が、かつてなく偉大なことを成し遂げた事例を多く見てきました。

そしてこれからも、普通でないビジネスに挑戦するIPOベンチャーを支援していきたいと思います。

久納 克宣のブログ記事

PAGE TOP