転職して後悔し戻りたいと思う人の原因は?ミスマッチを防ぐためにすべきポイントを解説。

転職に成功し、キャリアアップを果たした人もいれば、元の職場に戻りたいと、転職に後悔している人もいます。

転職は人それぞれです。必ず成功するとは限りませんし、そもそも転職する・しないも自由です。

だからこそ、転職を並々ならぬ覚悟で転職を決意したものの、入社してから後悔する人も、決して少なくありません。

そこでなぜ転職したものの後悔しているのか、その理由や原因、後悔しないための対策について、様々な角度からレクチャーさせていただきますのでご覧ください。

転職して後悔し戻りたいと思う人の原因

転職して後悔し、戻りたいと思っている人は主に下記の原因が考えられます。

転職先企業の情報収集不足

転職先企業に関して、しっかりと調べていなかったことから、入社してから自身が勝手に思い描いていたイメージトノギャップから後悔するケースは多いです。

入社前の段階である程度調べることができるにも関わらず、ある程度のイメージだけで転職を決めてしまうと、細かい部分で違和感を覚えたり、調べていればすんなりと受け入れられることも、「知らなかった」「聞いていない」となり、自分自身のモチベーションに影を落とすことで、「転職しなければよかった」「元の職場の方が良かった」といった気持ちを抱くケースも見受けられます。

じっくりと考えるのではなく、早く転職したいとの気持ちが強い場合、このようなケースが多く見受けられます。

転職をゴールとしてしまっている

転職して何かをしたいのではなく、転職そのものが目的になっている場合、転職先で公開するケースが多く見受けられます。

キャリア・スキルアップだったり、あるいは自分自身のやりたいことを見つけての転職ではなく、同僚が転職していたり、あるいは転職が頭にちらついている時に会社で嫌なことがあったことから転職を決意するなど、主体的ではなく、流れに任せてや現実逃避的に転職すると、転職した先で前の職場の方が良かったと後悔したり、出戻りできないものかと模索したりする人もいます。

転職は転職した先で自分自身の思い描くことを実践するための方法です。決して転職そのものはゴールではないのですが、転職ありき、転職が最終目的・ゴールになってしまうと、後悔する可能性が高いです。

勢いで会社を辞めてしまった

嫌なことがあったりなど、勢いで会社を辞めてしまった場合、すぐに転職先を見つけなければなりません。この場合、すぐに新しい職場を見つけなければとの思いがあるので、従来の転職活動のようにじっくりと時間をかけることができません。

生活・給与のことを考え、スピード感を重視した転職活動を行うことになりますので、転職先もキャリアアップや環境、業界の成長具合といった細かい部分を見るのではなく、「入社できそうか、無理か」だけで判断してしまいがちです。

結果、大して調査も行わなかった入社できそうな会社に入社してしまい、自分の思っていた環境ではないことに気付かされ、転職を後悔するケースも多々見受けられます。

理想と現実のギャップがあった

それなりにしっかりと調べて転職したものの、理想と現実にギャップがあることから転職を後悔するケースも見られます。

仕事内容

自分自身にとってやりがいのある仕事ができると思って転職したものの、実際にやりがいのある仕事をこなすためには他の仕事もこなさなければならなかったり、あるいは会社全体を通しても、やりがいのある仕事はわずかであったりすると、後悔を抱くケースもあります。

決して求人内容に虚偽がある訳でないものの、少々誇張されていたり、あるいは時間がかかり、転職したばかりの身では重要な仕事ができないケースなど、理想と現実のギャップから、転職を後悔するケースも見受けられます。

環境

転職活動中と実際に就業した際の環境に相違があるケースもあります。例えば設備が変わってしまったり、人事配置が変更したことで、尊敬できると思っていた人間が他部署に移ってしまったり、あるいは会社の中で組織変更、プロジェクト変更があったことから、転職活動中には魅力的な環境だと映っていたものの、終業時には思った環境ではなかったと感じてしまう場合もあります。

運が左右する部分もありますが、思っていた環境と異なることから転職したことに後悔してしまうケースも見受けられます。

待遇

給与を含めた待遇が転職活動中に聞いていたことと異なる場合もまた、後悔してしまいがちです。例えば聞かされていた給与は様々な条件を満たした場合であって、入社初月からもらえない場合もあれば、条件を満たすことが現実的に難しいので、想定していた所得を得られないケースもあります。

また、金銭面だけではなく立場的な意味での待遇に後悔するケースもあります。それなりの権限を与えられると思っていたら、肩書だけは立派なもので、実際には許可を得なければならない立場だった場合なども、「こんなはずじゃなかった」との思いが後悔を生むことになりがちです。

転職を後悔して戻りたいと思わないためにすべきこと

転職したものの後悔したり、戻りたいと思わないためには、転職時に意識しておくべきことがあります。

自分のキャリアプランを明確にする

自分自身が転職して何をしたいのか、今後どうしたいのか等、キャリアプランを明確にしておくことが大切です。転職をゴールとするのではなく、自分自身のキャリアプランのために必要な転職なのかを改めて考えてみましょう。

果たして転職が必要なのか、現在の環境でもできることなのかを考えましょう。この点を深く考えず、転職ありきの転職をしてしまうと、転職先で後悔するケースが多いです。

転職してどうしたいのかまで考えておくことで、転職先で多少予期せぬことがあったとしても、大きな目で見れば自分自身のキャリアアップの道筋であることには違いないことから、納得して仕事に取り組むことができることでしょう。

実際に志望企業で働いている人に話を聞く

自分自身が希望する転職先で働いている人に、直接話を聞いてみましょう。

ネットの情報だけで転職先の職場環境を判断するのではなく、実際に働いている人に直接話を聞き、疑問をぶつけることでどのような職場なのか、自分自身が気になっている点を含めて理解できるのではないでしょうか。

また、実際に話を聞く時間を作ってもらうことでコネクションになります。入社後、頼れる存在となってくれる可能性もあります。頼れる存在がいないと、後悔も強まりやすいですが、頼れる存在がいれば嫌なことがあったとしても後悔せず、前向きな気持ちへと切り替えることができます。

転職するメリット・デメリットを事前に整理する

転職した際、どのようなメリット・デメリットが待っているのか冷静に判断してみましょう。メリットが多いと感じるのであれば実際に転職したとしてもメリットを享受できると共に、多少デメリットがあったとしても想定内で済みます。

また、デメリットばかりであれば転職を控えた方が良いでしょう。デメリットばかりだと分かっていながら転職しても、想定していたデメリットの多さを現実的に味わうことで後悔となってしまいます。メリット・デメリットを事前に整理、それでも転職すべきなのかを改めて冷静に考えてみましょう。実際に転職してみなければ分からないこともありますが、転職前にある程度調べて把握できることもありますので、それらをまずは整理してみましょう。

転職して後悔してしまった際の対処法

転職したものの、こんなはずじゃなかった、戻りたいと後悔している場合の対処法も覚えておきましょう。

すぐに転職するのは禁物

転職に失敗したからと、再度転職をと考える人もいるのですが、すぐに転職するメリットはありません。なぜなら、すぐに転職しても成功する可能性が低いです。もしもですが、後悔しているからとすぐに転職活動を始めたとしても、転職してすぐに転職活動している人間を採用しようと思う会社は少ないでしょう。

様々な事情があるにせよ、転職してすぐに転職を希望する人間に対しては、「嫌なことがあったらすぐに転職する人間」だと考えます。つまり、もしも自社で採用しても、少し嫌なことがあったらまた転職されるだろうと思われるだけです。

結局は思うような結果を得られませんので、いくら後悔しているとはいえ、すぐに転職活動するのは控えましょう。

2・3年程働き実績をつけてから転職する

後悔しているとしても2~3年は働き、実績をつけましょう。

すぐに転職しても、先にお伝えしたようにネガティブな印象を抱かれるだけでしかありません。後悔するような職場ではあっても、「これから一生働く」ではなく、「とりあえず2~3年」であれば、気持ちもある程度は楽になるのではないでしょうか。

また、良い意味で割り切って仕事をこなすことができますので、無理だと思ったことに対して毅然とNOと主張したり、思っていることを素直にぶつけたりが容易です。

我慢するのではなく、思うように自己主張できることから、意に反して徐々に快適な職場だと感じることもあるなど、思いの外よい環境の構築につながる可能性もあります。

転職を前提としてスキルを身に着ける

いずれ転職することを視野に入れ、吸収できる点を吸収するなど自身のスキルアップのための時間だと割り切るのも良いでしょう。すぐに転職をと考えたところで結果は目に見えていますので、次のタイミングでより良い転職先へと入社するために、自分自身を磨くための期間だと割り切るのも良いでしょう。

どのような職場であれ、実務経験は自身のキャリアアップに繋がりますし、嫌だなと思う仕事や、自分のプラスになるのかと疑問を抱くような仕事であっても、自分なりに何らかの意義を見出し、キャリアアップを考えることで、将来の転職を有利に進めることができます。

会社のためにではなく、自分自身の将来のためにと割り切って、自分自身を磨きましょう。

後悔しない転職をするならエージェントを活用しよう

転職はふたを開けてみなければわからない点があるのも事実です。そのため、後悔してしまうこともあるのですが、後悔しない転職のためにはエージェントの活用も視野に入れておくと良いでしょう。

IPOベンチャー転職では優良ベンチャーのみをご紹介

IPOベンチャー転職は、優良ベンチャーのみを紹介している転職エージェントです。

自分自身の思い描くキャリアプランに沿ったベンチャー企業とのマッチングも決して不可能ではありません。また、IPOベンチャー転職はキャリアコンサルタントへの相談は無料で行っています。

転職の際、まずは自分自身を知ることも大切です。むしろ後悔しないためには、自分自身を把握することこそ重要になりますので、まずは一度、IPOベンチャー転職のキャリアコンサルタントに相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

転職で後悔する理由や、後悔した後の対策について様々な点からお伝えしました。

転職は理想と現実が待っています。実際に蓋を開けてみなければ分からないことがある一方で、事前にある程度調査することで、把握できることがあるのも事実です。

他ならない自分自身のことですので、後悔しないためには、そもそもなぜ転職したいのかを明確にしておきましょう。転職はゴールではなく、目的のためのプロセスです。理想のゴールのためのに転職が必要であれば、転職という決断も大切です。

しかし難しいことも多々ありますので、自分自身だけで判断できない時にはエージェントに相談するなどして、まずは自分自身の転職への思いを整理してみましょう。

久納 克宣

久納 克宣

ベンチャーキャピタル、上場企業の取締役CFOを経て、東証マザーズにて取締役管理部長としてIPOを達成。

PAGE TOP