転職エージェントの選び方を様々な角度から解説。優良な転職エージェントの4つの特徴とは?

転職活動にて頼れる存在といえば転職エージェントです。転職先を見つけるだけではなく、面接対策、履歴書や職務経歴書の作成方法、自己分析など転職に関する様々なサポートを行っていますので、利用している人は多いです。

しかし転職エージェントは多々あります。そのため、転職エージェントを利用するかしないかという選択肢だけではなく、どの転職エージェントを利用すべきなのかもまた、転職者の頭を悩ませる部分です。

そこで自分に合った転職エージェントの選び方を様々な角度から解説しますので、転職エージェント選びで悩んでいる人は是非参考にしてください。

優秀な転職エージェントの特徴4選

転職エージェントは多々ありますので、それぞれ特徴や実績が異なります。そこで、優秀とされる転職エージェントの特徴をいくつかご紹介します。下記に該当する転職エージェントは、優秀だと考えてよいでしょう。

キャリアについても相談に乗ってくれる

転職先を斡旋するだけではなく、転職希望者のキャリアについて相談に乗ってくれるのであれば優秀な転職エージェントと考えてよいでしょう。転職は、新しい職場を探すだけではありません。転職希望者のこれまでのキャリアを活かし、今後のキャリア形成の場の紹介を意味しています。

これまでどのようなキャリアを積んできたのかや、今後のキャリアプランまで相談に乗ってくれる転職エージェントであれば、理想の転職先を紹介してもらえることでしょう。

転職は実際に入社できるのか額面だけではなく、キャリアプランも重要な部分なので、キャリアに関して相談に乗ってくれる転職エージェントは転職希望者のことをよく考えてくれている優秀な転職エージェントです。

企業の内部実情に詳しい

企業の内部事情にどれだけ精通しているのかも判断基準です。

内部事情に精通している転職エージェントの場合、額面やキャリアプランに加え、転職希望者の性格や価値観にマッチしている職場なのかまで考えることができます。

例えば活発な職場であれば、黙々と仕事をこなしたい人にとっては向いている職場とは言えません。逆にアクティブで活発的な転職希望者に黙々とこなす風土の職場は合わないでしょう。

これらは実際に働いた人がいなければ理解できない部分になりますので、それだけ実績が豊富であることも意味しています。つまり、企業の内部事情に詳しければ詳しいほど、実績豊富で転職希望者の性格や価値観に合った転職先を提案できる優秀な転職エージェントだと考えてよいでしょう。

企業に合わせた面接練習を実施してくれる

転職活動の山場と言うべき面接。

履歴書や職務経歴書は自分のペースで丁寧に作成できますが、面接は相手あってこそ。リアルタイムでの掛け合いとなりますので、アドリブ・対応力が問われます。さらには業界・企業によって面接の手法や流れが異なります。

このような点が面接の難しさでもあるのですが、それぞれの企業に合わせた面接練習を行える転職エージェントであれば、面接の実践的な練習が可能です。

事前にある程度の方向性を理解していれば、面接でも必要以上に緊張することはないでしょう。

このように、企業に合わせた面接練習を実施できる転職エージェントも優秀な転職エージェントだと考えてよいでしょう。

非公開求人の案件を持っている

企業が転職希望者を募る場合、自社で募る場合もあれば、転職・求人サイトに掲載してもらうケースもあるなど、こちらも多種多様な選択肢があるのですが、一般的には公開されない非公開求人を扱っている転職エージェントは優秀だと考えてよいでしょう。

非公開求人とは、誰もが閲覧できる場所に掲載されていませんので、ある程度人を選ぶ求人です。企業側が、「この転職エージェントであれば掲載してもらいたい」と考えて掲載を依頼しますので、企業側から信頼されている転職エージェント、つまりは優秀な転職エージェントだと考えてよいでしょう。

注意!こんな転職エージェントはやめよう

ぜひ活用したいと思う優秀な転職エージェントもあれば、敬遠したい転職エージェントもあります。ここでは敬遠した方が良い転職エージェントにみられる特徴をいくつかご紹介しますのでご覧ください。

ヒアリングなしで求人紹介ばかりしてくる

転職希望者へのヒアリングを行わず、求人の紹介ばかりをしてくる転職エージェントは控えた方が良いでしょう。なぜなら、転職とは転職希望者のキャリア形成でもあります。そして、キャリア形成は人それぞれ理想が異なりますので、転職エージェントとしては、まずは転職希望者にヒアリングするのは大前提です。

しかし、ろくにヒアリングをせずに求人の紹介を行うということは、転職希望者の都合よりも自社の都合を優先していることになりますので、敬遠した方が良いでしょう。

業界知識が少ない

業界に関する知識が少ないので、深く突っ込んだ質問に答えられない転職エージェントも控えた方が良いでしょう。

転職は転職希望者のキャリアプラン、さらには人生がかかっているといっても過言ではありません。

業界知識が豊富な転職エージェントであれば、転職希望者の価値観や性格といった人間的な部分とキャリアプランというビジネスパーソンとしてのニーズにマッチしているのかを判断できるのですが、業界知識に乏しい転職エージェントは、よく分からない中で適当に答えている可能性がありますので、就業してから「こんなはずじゃなかった」と後悔させられてしまうこともあるでしょう。

連絡が遅くスムーズな対応ができていない

転職活動はタイミングも大切です。転職希望者としても、何か動きがあればすぐにでも連絡してもらいたいことでしょう。

しかし、連絡が遅かったり、連絡をしても返信が遅かったり、「問い合わせてみます」と言ったきり、なかなか連絡がこなかったりなどスムーズな対応ができない転職エージェントは、利用を控えた方が良いでしょう。

求人には枠がありますので、対応の遅い転職エージェントを利用した場合、常に「もう求人が決まってしまった」「枠が埋まってしまった」と告げられるなど、転職活動そのものを進められない可能性が高いです。

転職エージェントの選び方【3step】

転職エージェントの選び方としては、主に下記の3点が大切なポイントになりますので、それぞれ見てみるとしましょう。

①自分の志望業界に強いエージェントを絞り込む

転職エージェントにもそれぞれ得手不得手な業界がありますので、希望している業界に強い転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

得意としている業界であれば、求人案件が豊富なだけではなく、転職するために何が必要なのかや、求められているスキルなど様々な情報がありますので、転職希望者に向いている業界なのかも判断してくれます。

面接に関してもより実践的な練習が行えますし、キャリアプランの具体的な事例の提示など、より深い転職活動が可能になります。

特に志望業界の非公開求人を多数掲載している転職エージェントは、業界からの信頼も得ていますので、より豊富な求人の中から理想の転職先を見つけることができることでしょう。

②業界に関する質問をして能力を見極める

業界に詳しいかどうかを見極めるために、業界に関する質問をしてみると良いでしょう。ネットで調べればすぐに分かる質問ではなく、業界に精通している転職エージェントでなければ答えられない質問をぶつけてみましょう。

例えば業界の離職・転職率や転職先は、どれだけ業界のことを理解しているかを図るうえで参考になります。多いか少ないかといった抽象的な表現ではなく、数字で表現できる転職エージェントであれば、その業界に関する知識をある程度持っていると考えてよいでしょう。

また、転職先も業種ではなく、具体的企業の名前を挙げられるようであれば、業界内の転職を斡旋した経験があることを意味しますので、頼れる転職エージェントだと考えられます。

③キャリアアドバイザーとの相性を見極める

転職エージェントでは、キャリアアドバイザー、キャリアコンサルタントなど担当相談役が世話をしてくれます。ビジネスパーソンとしてのスキルも大切ではありますが、人としての相性も大切です。そのため、少し挑発とも取れる、相手にとってはあまり聞かれたくない質問をしてみると良いでしょう。

例えば「あまり魅力的な転職先が見つからない」「紹介してくれる転職先がいつもニーズと微妙に違う」といった、やや挑発的な言葉を投げかけた際、どのような応対をしてくれるのかを見てみましょう。

もちろん応対は人それぞれでしょう。しかし、応対・態度を見ることで、自分にマッチしている転職エージェントなのか、ある程度理解できることでしょう。

転職エージェントをうまく活用するポイント

転職エージェントは、如何にして上手く活用するのかも大切です。そこで、どのような形で活用すると良いのか、具体的な手法をいくつかお伝えしましょう。

キャリアプランの全体を伝える

自分自身のキャリアプランに関することは全体像として伝えてみましょう。「今回の転職」に関してだけではなく、長い目で見て自分自身がどのようなキャリアプランを持っているのかを伝えることで、目の前の転職先だけではなく、先を見越した転職先を提案する転職エージェントもあります。

転職先を転職のためのスキルアップとして提案してくる転職エージェントもあるかもしれませんが、それも長いキャリアプランを考えてのこと。

希望転職業界だけではなく、思い描いているキャリアプランはすべて相談しましょう。

その方が転職エージェント側としても動きやすいですし、より柔軟に対応してくれます。

複数のエージェントを比較検討する

転職エージェントは多々ありますので、複数の転職エージェントを比較してみるのも良いでしょう。転職エージェントに限らず、どのようなサービスであれ比較検討しているのではないでしょうか。

転職エージェントも多数ありますので、それぞれ比較して自分に向いているのか判断してみましょう。転職エージェントによって求人件数やサポートの範囲は異なります。数字で優劣を決めるのではなく、無料で利用できる範囲で実際に試しに使用してみることで、自分にとって向いているのかが判断できますし、一つの転職エージェントを利用しているだけでは気付けないことも、比較することで気付けることでしょう。

転職理由を明確にする

転職の理由を明確に伝えましょう。なぜなら、転職の理由もまた、転職先選びに於いて重要なポイントになるからです。金銭なのか、キャリアなのか、あるいはそれ以外の環境なのかによって、転職エージェント側の動きも変わります。

転職に慣れていないと、転職の理由を素直に告げることに抵抗があるかもしれません。しかし転職エージェントにとっては、転職理由は転職先選びにおける大切な判断材料になります。

転職先を紹介するにあたって、優秀な転職エージェントであればよりニーズにマッチしたものをと考えます。金銭が理由であれば金銭的な魅力のある転職先を、キャリアプランを考えて転職であれば、理想をヒアリングしたうえで、キャリアプランにマッチした転職先を紹介してくれることでしょう。

ベンチャー企業への転職ならIPOベンチャー転職

転職先としてベンチャー企業を考えているのであれば、IPOベンチャー転職がおすすめです。これまでの実績はもちろんですが、特に転職者にとって大切なキャリアプラン設計の相談が行えるからです。

キャリアプラン設計の相談から可能

IPOベンチャー転職では、専任のキャリアコンサルタントを用意します。キャリアプランはもちろんですが、他にも転職に関する不安、疑問、理想等を徹底的にヒアリングし、転職活動を様々な面からサポートします。

また、IPOベンチャー転職は優良ベンチャー企業のみを取り扱っている転職エージェントになりますので、紹介される企業は基本的に将来性に優れている優秀なベンチャー企業のみなので、今後のキャリアプランにマッチしたベンチャー企業との出会いが待っていることでしょう。

まとめ

転職エージェントは多々あります。それぞれ特徴や強み、得意ジャンルが異なりますので、どの転職エージェントを選ぶのかによって、転職活動が大きく異なることでしょう。だからこそ、自分の進みたい業界に強く、かつ親身に相談に乗ってくれる転職エージェントを選ぶことが大切です。

今回お伝えした転職エージェントの選び方を元に、自分自身の将来を相談できる、信頼できる転職エージェントを選び、転職活動を進めてみましょう。自分にマッチした転職エージェントであれば、転職活動が辛いものではなく、前向きで楽しいものになるはずです。

PAGE TOP