個人のお客様からよくあるご質問

登録について

こちらよりエントリーをお願いします。

いいえ、非公開求人内容は、登録していただき、利用規約に同意していただいた転職候補者様のみに個別に開示しています。
一般の媒体に掲載されているような求人内容とは異なり、IPOベンチャー企業の非公開求人については企業の機密性が高い内容が多く含まれておりますので、ご了承ください。

はい、転職するかどうかが未定の方でも、登録できます。
ご登録はこちら


また個人情報を登録しなくても、当社のキャリアコンサルタントに匿名でキャリア設計のご相談ができます。
ご相談はこちら

いいえ、転職候補者様の料金は全て無料です。

こちらをご覧ください。

はい、ご相談だけでも可能です。
ご相談はこちら

いいえ、当社では非公開求人を取り扱っているため、求人検索はできません。
まずはエントリーしていただき、その後は当社の専属エージェントにご相談ください。

はい、ご登録できます。
書類の作成はエントリーの後でも問題ございません。
ご登録はこちら

Load More

書類選考・面談について

はい、当社のキャリアコンサルタントがレクチャーさせていただきます。
一般的に必要とされる記載内容に加えて、応募先のIPOベンチャーが重視するポイントもアドバイスします。

はい、平日夜や土日の面談、また対面だけでなくオンライン面談も可能です。
当社のキャリアコンサルタントにご希望の日時をご連絡ください。

はい、サポートがあります。
ご希望に応じて、当社のキャリアコンサルタントがケース面接スタディなどをさせていただきます。

IPOベンチャー企業の各社によって様々ですが、経験やスキルだけではなく、小規模な組織運営をしている企業が多いため、自社の企業理念や文化、組織風土との相性を重視する傾向があります。

はい、ご自身の自己PRを整理しておくことをお勧めします。
ご不明な点は当社のキャリアコンサルタントまでご相談ください。

面接後のフィードバックを返す企業と返さない企業があります。
当社のキャリアコンサルタントによるケース面接スタディでは、率直な面接フィードバックをさせていただきます。

ケースバイケースですが、IPOベンチャー企業では、前職までの退職理由に寛容な企業が多いです。
正直に淡々と事実をお答えすることをお勧めしますが、ご心配な場合は当社のキャリアコンサルタントにご相談ください。

Load More

能力・経験について

はい、未経験者でも応募は可能です。
IPOベンチャー転職では、未経験者を対象とした求人案件も多数ございます。

はい、IPOベンチャーの求人は、正社員の就業経験は採用の条件に入っておりません。
前職で派遣社員や契約社員の契約形態であっても、正社員になることが可能です。

いいえ、多くのIPOベンチャー企業の採用選考では、転職回数は採否に考慮されません。

グローバルな環境で事業展開するIPOベンチャーでは有利になることがありますが、通常では採否に重視はされない傾向があります。
英語が必要であれば、入社後に学ぶといった志向を持つの方が大事です。

はい、多くのIPOベンチャー企業では、前職の在籍期間は採否に考慮されません。

Load More

給与や勤務条件について

はい、当社のキャリアコンサルタントが、転職候補者様に代わって、給与条件や勤務条件を交渉させていただきます。

はい、職種にもよりますが、私服勤務OKやフレックスタイム制度のあるIPOベンチャー企業の求人案件が多数あります。

はい、職種にもよりますが、在宅勤務が可能なIPOベンチャー企業の求人案件も多数あります。

一概にお答えできません。
ストックオプションは入社年数、地位、貢献度合いによって経営者が案を作り、取締役会で決定されることが多いです。
もし入社の条件に入れたい場合は、当社のキャリアコンサルタントにご相談ください。

一概にお答えできません。
一般的に評価される市場価値より、給与水準が高い場合もあれば、低い場合もあります。
給与水準が高い場合は逆にリスクもありますので、ご心配な場合は当社のキャリアコンサルタントにご相談ください。

はい、副業や業務委託ができる求人案件も多数あります。
IPOベンチャーでは、副業や業務委託について柔軟な対応をしている企業が多くあります。

Load More

IPOベンチャー転職の求人案件について

当社ではIPOベンチャー企業とIPOベンチャーに適した転職人材様のお引き合わせに特化しています。
IPOベンチャーについてはこちら

当社のキャリアコンサルタントが転職候補者様に合った求人案件を探させていただきます。
場合によってはご希望に沿えないこともございますので、ご了承ください。

地方本社のIPOベンチャー、また地方に拠点があるIPOベンチャー企業の求人案件も多数あります。

開発、制作、企画、営業、管理、マーケティング、サポートなど様々です。
小規模のIPOベンチャーでは、一人の担当者の職務領域が複数の職種にまたがることもあります。

例えば以下のような業界があります。

  • AI
  • Fintech
  • RPA・ロボティクス
  • ライフサイエンス・ヘルスケア・バイオ
  • エンタテインメント・サービス
  • Cloud、SaaS
  • シェアリング・プラットフォーム
  • 教育
  • EC
  • ゲーム
  • メディア
  • 人材

IPOベンチャーが活躍する主な業界について刻々と変化しますので、詳しくはキャリアコンサルタントまでご相談ください。

ご相談はこちら

こちらのページでIPOベンチャー企業へ転職するメリットとデメリットを説明していますのでご覧ください。

一般的に以下のようなリスクがあると考えます。

  • 経営者の理念や組織文化と不一致があった場合、少人数経営のため部署異動やジョブローテーションで解決しない場合がある
  • 市場動向や競争環境に対応するため、現場目線での朝礼暮改が多く、社内外の変化スピードについていけない場合は苦痛になる

詳細は当社のキャリアコンサルタントまでご相談ください。

ご相談はこちら

目標水準は高く、時間当たりに要求される行動量は多いため、IPOベンチャー企業での仕事はハードワークになる傾向があります。
一方で、IPOを目指しているベンチャーは労務面でのコンプライアンス遵守の意識が高いため、サービス残業などの悪質なハードワークはありません。

IPOベンチャー企業の見極めは大変難しいのですが、当社では経営理念、起業文化、組織風土などが一致する企業をお勧めします。
詳細は当社の専属エージェントにご相談ください。

ご相談はこちら

いえ、IPOベンチャー企業では、経営者個人との相性は必要ではありません。
一緒に働いていくうちに、経営者自信や転職候補者様の考え方が変化していくこともあり、また場合によっては経営者自身が株主によって交代させられる時もあります。
経営者個人との付き合いを重視するよりも、その企業組織全体との相性を確認することをお勧めします。

Load More

転職先への入社、現職の退職について

当社では現職を円満退社できるよう退職サポートもしています。
当社のキャリアコンサルタントご相談ください。

ご相談はこちら

Load More

将来の起業について

はい、IPOベンチャー企業も起業家精神のある転職候補者を求めている場合が多くありますので、将来的な起業を前提として転職をすることは可能です。

はい、少人数で運営されているIPOベンチャーが多いため、経営の仕組みについて学びやすい環境になります。
また、大企業ではなかなか経験のできない新規事業の立ち上げについても体験することができます。

Load More

有料職業紹介事業について

人材紹介は直接雇用の正社員の紹介となります。人材派遣は派遣会社に雇用され、派遣先で仕事をする雇用形態です。

以下のようなメリットがあります。

  • 企業の機密性が高い非公開求人を知ることができる
  • 採用に積極的投資をしている企業と出会える
  • キャリアコンサルタントに面接日程の調整、給与や条件交渉を任せることができる
  • キャリアコンサルタントから転職、退職、キャリア設計の個別アドバイスをもらえる
  • キャリアコンサルタントより入社後のフォローアップがある

はい、IPOベンチャー転職のご登録者様は、他の人材紹介会社と平行して進めていただいて問題ありません。

Load More

PAGE TOP