異業界への転職ではどんなことを押さえればいい?オススメの業界は?

個々人のライフスタイルが常に変化していく社会において、異業界への転職は珍しくなくなりました。

かつては同じ会社、もしくは転職するにしても同じ業界が一般的でしたが、職種が多様化した結果、業界をまたいで活躍する人材が増えてきたのです。

ただ、異業界への転職では未経験の仕事にチャレンジすることも多くなるため、転職に際しては心配な点がある人も多いはず。

そこで今回は異業界への転職希望者向けに、異業界への転職時に求められるポイントや押さえておくべきこと、そして転職先としておすすめの優良業界などを紹介していきましょう。

転職希望者必見!異業界への転職は可能?

異業界に転職を希望している人が最も関心を示す事柄が、「そもそも異業界への転職は可能なのか?」ということではないでしょうか。

同業種ならこれまで培ったスキルを活かせる可能性は高まりますが、異業界では必ずしも力を発揮できるかわからないため不安になる人も多いはず。

この項では、どんな人なら異業界への転職の可能性が高まるのかについて見ていきましょう。

年代が若いほど可能性が高い

基本的に年代が若いほど、異業界への転職が成功しやすくなります。

なぜなら、若年層の社員ほど成長可能性が高いうえに、仕事に対する偏見、先入観が無いため新たな業務であってもポイントを押さえてすぐに吸収できるからです。

しかし、若いからといってそれだけを頼りに転職活動をしていては、採用が遠のいてしまう可能性があります。

自己分析などを通じて自分の強みを洗い出して、自分が希望する異業界ではどんな貢献ができるか確認しておくとよいでしょう。

職種が同じなら可能性が高い

職種が同じであることも、異業界への転職可能性を高める一助となります。

例えば、介護業界への転職の場合、事務職としての経験が活きる場合があります。

介護業界というと、利用者の洗体や食事の配膳などの業務が中心と思われがちですが、そんなことはありません。

介護業界にも電話対応や予算管理、国民健康保険制度に基づく介護報酬請求業務など色々な事務仕事が存在します。

事務職としてスキルを積んできた人であれば異業界、この事例で言うところの介護業界であっても転職活動を成功させることができるはず。

このように、異業界への転職活動では職種が同じであることが大きな強みとなるのです。

異業界への転職で求められるポイント

異業界への転職においては、マネジメントスキルやこれまでの経験、転職希望者が持つ自走力など様々な要素が求められます。

ここでは、異業界への転職で求められるポイントを3つ取り上げて解説していきましょう。

前職で培ったマネジメントスキル

最初に取り上げるポイントは、マネジメントスキルの重要性です。

マネジメントスキルとは、対象としている人・モノを管理するスキルを指します。

ここで言うところの「モノ」とは時間や組織、プロジェクトなどのことです。

新規事業を起ち上げる場合プロジェクトメンバーを束ねたり、事業の進捗状況の管理などを引き受けてくれる人材が必要ですから、必然的に高いマネジメントスキルを持つ社員が求められます。

そのため、30代や40代の人でも高いマネジメントスキルを持っていれば、転職の成功確率がグッと高まるでしょう。

面接では自分が携わってきたプロジェクトなどを引き合いに出し、どのような手法で管理してきたかを出来るだけ詳しくアピールしてください。

組織で成果を出した経験

次に取り上げるポイントは、組織で成果を出してきた経験の有無です。

面接官は転職希望者が前職でどんな成果を残してきたのか、そして成果を残す過程でどういったことを学んできたのかについて常にチェックしています。

そのため面接の際は、面接官に自分が残してきた成果をしっかり主張する必要があります。

面接時は自分が打ち出してきた成果を提示したうえで、そこから得た知見をどのように転職先で活かせるのかを面接官に訴えましょう。

転職に対する強い意気込みを見せれば、きっと好印象を与えられるはずです。

たとえ大きな成果や経験でなくとも、転職先の異業界でも応用できるものがあれば評価してもらえますので、胸を張ってアピールしてください。

知識を身につける自走力

最後に取り上げるポイントは「自走力」についてです。

みなさんは、この自走力という言葉をご存知でしょうか。

自走力という言葉には明確な定義はありませんがビジネスシーンにおいては一般的に、自分で物事を考え、自ら進んで仕事を実行していく力のことを指します。

新卒社員は未熟な存在ですから組織が育ててくれますが、中途採用の人間には即戦力としての活躍が求められますので、自走力の有無は異業界への転職では重要な要素となるでしょう。

面接のときはご自身の持つ、行動力や積極性、そして主体性をアピールし、面接官に自走力がある人間だということを理解してもらうよう心がけてください。

自走力のある人は、知識や技術を積極的に取り込んでくれますので成長が期待できるだけでなく、職場の同僚にもよい刺激を与えてくれるため、異業界への転職でも俄然有利になります。

異業界への転職の際に押さえておくべきこと

異業界へ転職する際に押さえておくべきポイントには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

こちらの項では異業種へ転職する際の重視項目の中でも、代表的なものを3点取り上げて解説してきます。

成長している業界がおすすめ

最初に押さえておくべき項目は、転職先の異業界が成長している業界かどうかということです。

当然のことですが市場が縮小している業界では事業の拡大が難しいため、新規人材の採用を抑える傾向にあります。

そのため転職の可能性を少しでも高めるためには、成長している異業界を選ぶ必要があるのです。

例えば、動画コンテンツを扱う業界への転職を考える場合は、レンタルDVDを扱う業界よりもサブスクリプション、すなわち定額で動画見放題のビジネスモデルを推進する業界の方が今後の成長が見込めるため成功しやすいでしょう。

異業界への転職の際は、転職先の市場が今後どれくらい成長していくのかについて、しっかり情報を得てから行動してください。

未経験者でも可能であるかを見極める

次に押さえておくべき項目は、未経験者でも転職可能なのかどうかの見極めです。

異業界への転職では、必然的に不利な転職活動を強いられます。

なぜなら、未経験の仕事では十分な生産性を発揮できず、仕事に支障をきたしてしまう可能性があるからです。

先ほどもお話ししたとおり、企業側も中途採用者には即戦力を求めますので、異業界への転職活動では未経験者はハンデを負ってしまいます。

そのため、異業界への転職の成功確率をアップさせるには、未経験者でも雇ってくれるのかどうかが重要なポイントとなってくるのです。

成長している市場であれば常に人材が不足しているため、未経験者でも優遇してくれるケースが多々ありますので一度調べてみるとよいでしょう。

求人が多いほうが転職しやすい

最後に解説する転職時に押さえておくべき項目は、求人数の多さです。

言うまでもありませんが、求人が少ない業界は採用枠の競争が激しく苦戦が予想されます。

どうしても飛び込みたい異業界であれば、果敢にチャレンジしてみるのも一つの手段ですが、転職活動に失敗してしまったら本末転倒になってしまうでしょう。

ただ、業界によっては年末年始やゴールデンウィークなど、季節によって採用枠を増やすところもあるため、転職を希望している異業界がどんな時期に採用人数を増やすのか、あらかじめチェックしておくと転職活動が有利になることもあります。

上記例のように、タイミングによっては競争の激しい異業界への転職が叶うことも考えられますので、希望先の業界の動向には常に目を光らせておきましょう。

異業界への転職希望者必見!おすすめ優良業界

くり返しになりますが、異業界の転職では成長している市場へのアプローチが、転職の成功確率をアップさせるための有力な手段となります。

こちらの項では、異業界への転職希望者向けに現在、市場が伸びている優良な業界を4つ取り上げて紹介していきましょう。

IT業界

最初に取り上げる優良業界は、IT業界です。

IT業界はインターネットやテクノロジーの発達により近年、急激に成長している市場です。

アメリカの大手IT会社が開発したスマートフォンが世に登場すると世界中に瞬く間に広まり、スマホアプリの猛烈な開発競争が始まりました。

AI事業に関しても堅調で、日本国内はもちろんアメリカや中国でも、よりよい製品を生み出すべく多くの企業が日夜開発に励んでいます。

そのため、IT業界は慢性的な人材不足に陥っており、多くの企業が優秀な人材の獲得競争をしています。

プログラマーの経験が無いでも、マネジメント経験や営業スキルがあれば異業界からの転職でも十分通用するはずですので、ぜひチャレンジしてみてください。

インターネット広告業界

二番目に取り上げる優良業界は、インターネット広告業界です。

インターネット広告業界とは、その名のとおりネット上で広告を取り扱う業界を指します。

検索エンジンを使用した時や動画配信サイトで動画を観賞した時などに、画面に現れる広告を目にしたことがある人は多いはず。

これらはバナー広告やリスティング広告と呼ばれる広告で、依頼主に発注される形で管理業者がネット上に出現させます。

インターネットが普及する前は、テレビでコマーシャルを流し広告効果を狙うのが一般的でしたが、現在ではネット上の広告にウェイトを置く企業が増えてきました。

こちらの業界ではプログラミングが出来る人はもちろん、広告をデザインできるスキルやマーケティングの理解力がある人材が求人対象となっています。

ITの発達とともに今後の成長が見込める業界ですから、異業界への転職を検討する際は選択肢に取り入れてもよいでしょう。

介護業界

三番目に取り上げる優良業界は、介護業界です。

介護業界は急激な高齢化が進む日本社会において、成長が期待される業界と言われています。

この介護業界には介護福祉士やケアマネージャー、介護職員初任者研修などの資格がありますが、このうち介護職員初任者研修は最短1か月という短期間で取れる資格ですので、取得しておくと異業界への転職でも役に立つでしょう。

介護における上位資格とされるケアマネージャーなども、勤続年数を積めば取得できますから、未経験者でも努力次第でランクアップすることができます。

事務職を希望している人には「ケアクラーク」という、介護現場で必要な知識を習得していることを証明できる資格がありますので、ぜひ取得しておきましょう。

ケアクラークの資格は約4ヶ月、4万円程度の費用で取れます。

介護業界の求人では無資格の人材でも採用されることがありますが、何らかの資格を取得していれば転職活動が楽になりますので、検討してみてください。

フィンテック業界

最後に取り上げる優良業界は、フィンテック業界です。

フィンテック業界とは、デジタルデバイス、インターネット、AIといった最先端の技術を活用した金融サービスを指します。

スマートフォンやブロックチェーンの登場により世界中の人々のライフスタイルが一変した結果、スマホを使用した決済サービスや仮想通貨の取引などに金融機能を利用したアプローチがなされるようになりました。

デジタルデバイスを活用したサービスやインターネット事業、AI開発は今後も大きな成長が見込める分野ですから、異業界への転職先としては有力な候補となるでしょう。

こちらの業界で募集される人材は、金融商品を取り扱う知識を持つ人材やITエンジニア、そして事務職などです。

異業界への転職ならエージェントを活用しよう

異業界への転職では、未経験の業界に飛び込むわけですから自分の力がどこまで通用するのか不安になる人も多いはず。

そういった時に役立つのが転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職活動を支援してくれるサービスを指します。

こちらの項では転職エージェントついて解説しましょう。

IPOベンチャーの転職なら優良ベンチャーのみをご紹介

先ほども触れたとおり、転職エージェントとは転職希望者をサポートしてくれるサービスを指します。

そんな転職エージェントの中でも最近ひときわ注目を集めているのが「IPOベンチャー」です。

IPOベンチャーは上場、未上場にかかわらず、将来的な成長が見込める企業だけを紹介してくれますので、あなたの希望に合致した優良企業が見つかるはずです。

企業の紹介だけでなく、履歴書の書き方や面接対策、採用後のフォローも万全ですから、後顧の憂いなく転職活動に集中できるでしょう。

まとめ

異業界への転職活動では、若い人や職種が同じ人ほど有利になります。

しかし、マネジメントスキルやこれまでの成果や経験、加えて自走力を備えた人であれば30代や40代の人材でも十分チャンスがあるはずです。

また、異業界への転職では、成長している業界や求人数が多い業界の方が好都合とされています。

これらのポイントを押さえつつ転職活動をしていけば優良企業への採用確率が高まるはずですが、個人レベルの転職活動では不安を抱いてしまう人もいるでしょう。

そういった人におすすめしたいのが、IPOベンチャーです。

IPOベンチャーは転職者のスキルや知識を把握してから、その人に見合った企業を紹介してくれる転職エージェントです。

企業紹介だけでなく履歴書の書き方や面接対策、採用後のフォローなど転職にまつわる心配事を全て解決してくれますので、異業界への転職であっても心配いりません。

IPOベンチャーを利用して、あなたにマッチした転職先を探し出してください。

PAGE TOP